◯△◇

おいしいものたべたい

おみそしる

朝からお味噌汁を飲みました

大根と豆腐が入ってるやつ好きや〜

まま〜〜愛してるよ〜〜お味噌汁〜〜

 

お昼から法律事務所の面接と筆記試験に行ったよ

働いてる事務の人ギャルでびっくりしました

 

面接官のおじさん4人と学生4人でした

先に面接してたグループが帰ってきたときみんな顔引きつってて、すごく不安になりました

 

部屋に入ったらおじさん4人とも怖い感じでとんでもない緊張感だった

空気がピリッとしてた?

みんな高そうな時計とかネクタイピンとかしてて、わぁ〜〜弁護士すげぇ〜〜て思いました

一緒に面接してた3人すっごい真面目そうな子で、緊張して噛みまくってて、みむもどんどん緊張して、空気がやばかった

 

長所と短所聞かれて、几帳面なところですとか些細なところも気になりすぎてしまうところですとか言ってはるのに

みむ思い浮かばなすぎて、ホームページにやる気があって前向きな人募集してますって書いてたから

長所はポジティブなところです

短所はポジティブすぎるところです

なにに悩んでたかすぐ忘れてしまいます

て言ったらなんかおじさん達めっちゃ笑ってた

この緊張感の中笑いとってしまった、、?

て思って恥ずかしくなってたら、次の質問が、どういうタイプの人が苦手ですか?やって

そんな質問来ると思ってないし、そしたらみんな自分の長所短所に絡めて、几帳面なので大雑把な人が苦手です。とか言ってるから、みむも絡めなきゃ!と思って

苦手な人はいません、誰のことも受け入れて仲良くできます

嫌なところもすぐに忘れてしまいます

って言ったらまたおじさん達にみむだけ笑われて

もう終わりだ〜〜?

と思ってたら次の人が、「大変言いづらいのですが、私の苦手なタイプはポジティブな人です」って言って

もうおじさん達笑いまくってた

 

つらいよ、、大丈夫かしら、、

みむがあほなこと喋ったせいでピリッとした空気がなんかフニャフニャしてしまった?

 

 

その次は筆記試験で、作文やったんやけど、なんか緊張が解けたのか失敗した気がして病んでたのか、

タイトルの横に大学名を書かないといけないのに、同志社女子大学の「志」の漢字がどうしても思い出せなくて

最初は同士社女子大学って書いて、作文書き始めたんやけど、書き終わってから読み直すときに違和感感じて

同支社女子に書き直してもう一回読み直したけど、違和感すごくて、もしこれ間違えてたら自分の大学の名前も漢字で書けない子って思われちゃう!と思って、こっそりお財布の中から学生証を取り出してカンニングしました

まさか自分の大学名をカンニングする日が来るとは、、

 

おうちに帰って映画見ようかな〜?

 

おわり